「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

はじめに
☆株:  インデックス派長期投資(世界のETF/米国MUTUALファンド)
☆FX: 逆相関スワップ派長期投資
☆不動産:海外不動産のキャピタルゲイン派投資
の基本戦略で、バイ&ホールドの楽チン世界分散投資を追求します!
さらに、2007年12月から日経225オプション取引にトライしています!

<最近のオススメ記事>
■外国株: 超簡単!世界分散投資 人気!
■FX: スワップ派のFX投資戦略~リスク・リターン設計 人気!
■海外不動産: 簡単にマカオ不動産視察レポート
■先物・オプション: オプションの成績 New!




としのFX口座はセン短です。決済無しで現金化/高い信頼性がスワップ派にGood

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、日経225先物の基本の続きで
証拠金について確認。

日経225先物取引のために必要な証拠金は
「SPAN証拠金」を基準に決められています。

トレイダーズ証券ならSPAN証拠金×1
イートレード証券ならSPAN証拠金×1.4
からNet Option Valueを引いたものが必要証拠金になります。


Net Option Valueとは、簡単に言うと保有するポジションを決済した場合の総価値のことで、
(買いオプションの価値の総額)-(売りオプションの価値の総額)となる。

買いオプションの価値とは、
オプションを転売又は権利行使を行ったときに受け取る額に相当。
売りオプションの価値とは、
オプションの買戻し又は権利行使の割当てを受けたときに支払う必要がある額に相当。

したがって、ネット・オプション価値の総額が正である場合には、
SPAN証拠金額からネットオプション価値の総額を差し引くことになり、
また、ネットオプション価値の総額が負である場合には、
SPAN証拠金額にネット・オプション価値の総額を加えることとなる。

2007年11月26日現在でSPAN証拠金は60万円なので、
例えば、Net Option Valueが20万円ならば、
60-20=40万円が証拠金としてオプション取引口座に必要ということです。

今、1枚で15000円×1000=1500万円分の取引額なので、
レバレッジ1500÷60=25倍(トレイダーズ証券)
     1500÷84≒18倍(イートレード証券)
の高レバレッジ取引が可能です。もちろん、証拠金を多めに入れれば
レバレッジは下げられます。

SPAN証拠金の特徴
1)価格変動に応じて計算される
2)日経平均の「①過去1ヶ月の最大変動日の変動幅」と
  「②過去6ヶ月の2番目の変動日の変動幅」を比較して大きいほうを
  1000倍した額
  例)①が350円、②が600円なら
    600×1000=60万円
  つまり、市場のボラティリティに比例して証拠金が決まることに
  なり、半年に一度の大変動クラスで無い限り1枚あたり
  最大60万円の損失で収まる範囲というような基準です。

必要証拠金:
(SPAN証拠金-ネットオプション価値(Net Option Value)の総額)×1.4

(イートレード証券)
証拠金額がこの必要証拠金を下回ると翌日までに差し入れる必要がある。
これを追加証拠金、略して追証という。








人気ブログランキング


-----------------------------------------------------------
日経225先物の基本③ 証拠金について / 日経225先物編
スポンサーサイト
今日は、日経225先物の基本の続きで、
値幅制限、証拠金、追証などについて説明していきます。

日経225先物および日経225miniには、
相場の急激な変動を抑制する目的で、値幅制限、サーキット・ブレーカー
というルールがあります。

値幅制限:
 その値幅以上に相場が動いたときに、その日の取引を終了するルール。
 値幅制限に引っかかって、その日の取引が終了になることを、
 「ストップ高」、「ストップ安」などという。

<値幅制限>
■基準値段(前日終値):   制限値幅
■12,500円未満:       上下2,000円
■12,500円以上 17,500円未満:上下3,000円
■17,500円以上 22,500円未満:上下4,000円
■22,500円以上 27,500円未満:上下5,000円
■27,500円以上 32,500円未満:上下6,000円
■32,500円以上 37,500円未満:上下7,000円
■37,500円以上 42,500円未満:上下8,000円
■42,500円以上:上下9,000円
(日経225、日経225mini共通)

この値幅は、前日終値に対して概ね2割程度の設定になっています。

サーキット・ブレーカー:
 先物価格の急変により、一定(制限値幅の半分)の変動幅を超え、
 かつ理論価格からの乖離が一定の幅を上回った場合に、15分間
 取引を中断するルール。

<サーキット・ブレーカー>
■基準値段(前日終値):基準値段からの変動幅:理論価格からの乖離幅
■12,500円未満:       1,000円:200円
■12,500円以上 17,500円未満:1,500円:300円
■17,500円以上 22,500円未満:2,000円:400円
■22,500円以上 27,500円未満:2,500円:500円
■27,500円以上 32,500円未満:3,000円:600円
■32,500円以上 37,500円未満:3,500円:700円
■37,500円以上 42,500円未満:4,000円:800円
■42,500円以上:       4,500円:900円
(日経225、日経225mini共通)

・中断措置は1日1回限り。
・午後2時45分以降は中断を行わない。
・午前立会終了15分前に中断する場合は、午前立会終了時まで。
・日経225先物取引が中断した場合は、ミニ日経225先物取引も中断。






人気ブログランキング


-----------------------------------------------------------
日経225先物の基本② 値幅制限、サーキットブレーカー / 先物編

日経225先物を始めるにあたって基本となるルールの説明を整理します。
投資はまず、投資商品のルールをきっちり理解することが重要です。


***** 日経225先物・日経225先物miniの基本ルール *****

取引ルール: 大阪証券取引所で定められる

株価指数先物取引とは:
「あらかじめ定められた期日(SQ算出日)」に、「現実の株価指数(SQ)≒日経平均株価」を、
「現時点でとりきめた約定価格で取引すること」を契約する取引。
あらかじめ定められた期日までは,「転売」又は「買戻し」の反対売買により
決済することができます。

決済方法:
差金決済。つまり、「現時点でとりきめた約定価格」と
「あらかじめ定められた期日における株価指数」の差額をやり取りすることで決済する。 

最終決済日(限月): 毎年3月、6月、9月、12月の第2金曜日がSQ日でその前日が最終取引日
 補足:
 直近の5限月取引(日経225)*1の取引が可能だが、通常売買が盛んに行われる
 (出来高数が多く市場の流動性が高い)のは最終決済日が一番近い限月
 *1:日経225miniなら直近の2限月となる

約定価格
  日経225:    約定価格 = 先物価格(指数) × 1000 × 枚数
  日経225mini: 約定価格 = 先物価格(指数) ×  100 × 枚数

呼び値の単位(指数の最小刻みのこと)
   日経225:    10円 (= 10,000円相当)
   日経225mini:  5円 (=    500円相当)

取引時間: 前場:9:00~11:00  後場:12:30~15:10 (現物市場よりも10分長いのがミソ)

注文の執行方法: 個別競争取引 (早い者勝ちで売値と買値が合えば売買成立ということ)

-------------------------------------------------------------
差金決済はFXと同じ決済の仕組み

用語
SQ: Special Quotation。特別清算指数。最終決済日の翌日の225銘柄の始値の平均。
    日経平均株価と微妙に算出方法が違うため微妙に違う値になる場合もある。

-------------------------------------------------------------
その他キーワード(執筆中):

ゼロサム取引

「日経225先物価格」-「現指数(日経平均株価)」
     =「配当利回り相当」-「SQ算出日までの調達金利相当」

裁定取引




人気ブログランキング

--------------------------------------------------------------
日経225先物取引の基本① 基本の基本から / 日経225先物編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。