「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

はじめに
☆株:  インデックス派長期投資(世界のETF/米国MUTUALファンド)
☆FX: 逆相関スワップ派長期投資
☆不動産:海外不動産のキャピタルゲイン派投資
の基本戦略で、バイ&ホールドの楽チン世界分散投資を追求します!
さらに、2007年12月から日経225オプション取引にトライしています!

<最近のオススメ記事>
■外国株: 超簡単!世界分散投資 人気!
■FX: スワップ派のFX投資戦略~リスク・リターン設計 人気!
■海外不動産: 簡単にマカオ不動産視察レポート
■先物・オプション: オプションの成績 New!




としのFX口座はセン短です。決済無しで現金化/高い信頼性がスワップ派にGood

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETF投資のために利用している米国ネット証券のFirstradeです。

W-8BENの提出依頼がFirstrade証券から郵送で届いていました。
12月いっぱいまでに提出しないと、現在の免税から米国居住者同様の28%徴税に
なってしまうため、記入して郵送しなくてはいけないようです。

3年に1度の提出が必要らしいです。

で、W-8BENの書き方ですが、下記のサイトがとても参考になります。
記入して、パスポートのコピーを添付して郵送すればオッケーです。

気ままにblog - W-8BENの書き方
http://www.iguchi.tk/weblog/archives/2005/01/w8ben.html

海外投資を楽しむ会 - W-8BENの記入方法
http://www.alt-invest.com/w8ben/index.html


W-8BEN:米国非居住者用の免税書類
 所得の受領者が米国の非居住者であること、租税条約の恩典を 受けることを示すための様式。
 この様式を所得の支払者に提出することで利益に対する免税措置の適用、
 また租税条約上の軽減税率の恩典を受けることができる。



人気ブログランキング
--------------------------------------------------------
W-8BENの書き方 / 海外投資 Firstrade口座開設・維持編

スポンサーサイト
私のサイトにはアメリカのネット証券会社Firstrade
検索キーワードで飛んでくる方が非常に多いようです。

このブログにも、Firstradeにまつわる口座開設、海外送金や、買い方など
基本的なことは書いていますが、あくまで、私一個人のノウハウなので、
もう少し広い知識を入手したい方のために今日はMIXIのコミュニティを紹介したいと思います。

私が管理人をしているコミュニティですが、結構情報交換が
なされているので、質問などあればここに書き込んでいただけると
誰か親切な方がきっと答えてくれます。

MIXI・Firstrade証券(米国証券)コミュニティ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1822414

ご参加ください。


人気ブログランキング


-------------------------------------------------------
Firstrade証券を使いこなそう! / 海外投資 株式・ETF・海外ファンド編
先日香港・マカオにいった際についでに香港島の中環(セントラル)駅
そばにあるHSBC本店にて銀行口座開設をしてきました。

HSBC口座開設のために準備したものは以下の2点
・パスポート
・英文のBank Statement(私の場合UBOC)


英文のBank Statementは住所証明用に必要です。
(以前は日本の運転免許でも大丈夫だったという話でしたが未確認)
海外銀行に口座を持っていると毎月送られてくる残高証明が
それになりますが、日本の銀行だと新生銀行などは英文の
Bank Statementを発行してくれるようです。




あと、重要なのが「英会話力」です。
最近、日本人の口座開設が多く、基準が厳しくなっていて、
英会話力が無いと断られてしまうケースもあるようです。

上記の書類を準備して、旅行ついでに開設するのが一番いいと思いますが、
英語がどうもという方には、口座開設サポートも探せば色々あるようです。
香港でのHSBC香港・BOOM証券の口座開設サポート


口座の種類には
・パワーバンテージ (Power Vantage)
・スマートバンテージ (Smart Vantage)
があります。


パワーバンテージは、
最低口座残高が20万ドル(1HK$=\15として300万円)以上ないと
口座維持手数料が毎月120HK$(同、1800円)かかりますが、
・Power Vantage用の窓口が使える
・香港ドル建て小切手が使える
などの特徴があります。

スマートバンテージは、2007年から新設された口座で、
1万香港ドル(1HK$=\15として15万円)以上の口座残高が
あると口座維持手数料が無料になります。
残高が1万香港ドル以下なら毎月60HK$(900円)の手数料です。
投資商品や、インターネットバンキングなどは違いがないようなので、
特に頻繁に香港で小切手が必要だとか、窓口利用が多い方でなければ
敷居の低いSmart Vantageでよいかと思います。

なお、HSBC本店での口座開設の流れは
仕切られた個室スペースでインタビュー形式で
・個人情報の登録
・口座の用途などの確認
・サービスの概要説明
などを行います。所要時間20分くらい。
その後、ATMに移動してPIN番号の登録を行い終了です。


人気ブログランキング


----------------------------------------------------------
HSBC香港 銀行口座開設 / 海外投資 海外銀行編
三菱東京UFJ銀行には、

カリフォルニアアカウント」として、
米国のユニオンバンクオブカリフォルニア(UBOC)への
米ドル建て銀行口座開設サービスと、

パリアカウント」として、
フランスのケスデパーニュ・イル・ド・フランス・パリ貯蓄銀行への
ユーロ建て銀行口座開設サービス

が存在します。
[パリアカウント(ユーロ建て銀行口座) / 海外投資 海外口座開設 編]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。