「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

はじめに
☆株:  インデックス派長期投資(世界のETF/米国MUTUALファンド)
☆FX: 逆相関スワップ派長期投資
☆不動産:海外不動産のキャピタルゲイン派投資
の基本戦略で、バイ&ホールドの楽チン世界分散投資を追求します!
さらに、2007年12月から日経225オプション取引にトライしています!

<最近のオススメ記事>
■外国株: 超簡単!世界分散投資 人気!
■FX: スワップ派のFX投資戦略~リスク・リターン設計 人気!
■海外不動産: 簡単にマカオ不動産視察レポート
■先物・オプション: オプションの成績 New!




としのFX口座はセン短です。決済無しで現金化/高い信頼性がスワップ派にGood

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのファンドの手数料が日本に比べてかなり低く抑えられることは、
説明しました。

注意しなくてはいけないのが、
・為替交換手数料
・送金手数料
です。

この経費も含めてトータルでお得にならなければ旨味がないです。
[日本でファンドを買うか、アメリカでファンドを買うか? / 海外投資 海外ファンド 編]の続きを読む
スポンサーサイト
読みにくいですが、箇条書きで不動産用語(英語)を示します。
この記事は日々更新していきます。

[不動産用語集 / 海外投資 海外不動産 編]の続きを読む
投資関連の書籍で役に立ったものを紹介します。

[書籍の紹介 / 海外投資 投資書籍 編]の続きを読む
投資手法の学び方ですが、
「何事もまずは経験!」ということで、
いきなり投資してしまう方も多いと思いますが、
あまり得策ではないと思います。
(運良くうまくいく場合もあると思いますが)

また、逆に投資でお金を殖やしたいとは思うものの、
なんやかやで実行に移せていないという
くすぶり派の方も非常に多いと思います。
これも同様に得策とは思えません。

「混乱した頭はいつもノーとしか言わない」
といいます。
混乱を整理するために順序だてて実行に移すのがベストです。

[投資手法の学び方 / 海外投資 投資戦略 編]の続きを読む
エスクロー会社に手付金を送金します。
手付金は条件が合わないなど最終的な購入に至らない場合は全額返金されます。

実務的には、ここで送金テクニックが必要となります。

[不動産購入実況中継・手付金の送金 / 海外投資 不動産 編]の続きを読む
私の所属する会社で、年金制度が「確定給付型」から
「確定拠出型」に移行するための、
制度説明会&投資講習会なるものを今日受けました。

そこで、私の異常さにひとつ気づきました。
[確定拠出型年金と投資リスク / 海外投資 投資戦略 編]の続きを読む
FX(外国為替取引)は「レバレッジ」と「複利」という
金持ちになるための、伝家の宝刀を使えるため
個人的には今後も有効に活用していきたい金融商品です。
レバレッジが効かせられるので、FXをギャンブルといってしまう人が
いますが、FXはレバレッジを3~5倍程度に抑えれば、ファンドや株よりも
リターンが大きく且つ破綻する確率も低い収入源にすることができます。

海外投資とはニュアンスが違いますが、外国為替という債券の位置づけ
で少し紹介します。
[スワップ派のFX戦略 / 海外投資 海外債券 編]の続きを読む
代表的なETFにはこのようなものが
あります。
すべてFirstradeで買えるものです。

[米国証券会社を使った投資法4 ~ おすすめETF / 海外投資 海外株式 編]の続きを読む
私がおすすめするFUNDにはこのようなものが
あります。
すべてFirstradeで買えるものです。
[米国証券会社を使った投資法3 ~ おすすめFUND  / 海外投資 海外株式 編]の続きを読む
MUTUAL FUNDとETFへの投資がよさそうです。
それぞれの特徴と使い分けを紹介します。

[米国証券会社を使った投資法2 ~ 米国証券でどの商品に投資するか? / 海外投資 商品選択 編]の続きを読む
無事、米国証券会社に口座を開設し、口座への入金が
完了したならば、つぎはいよいよ投資ですね。

大きく分けて、以下の投資ジャンルに分かれます。
[米国証券会社を使った投資法1 ~ 投資商品の種類 / 海外投資 商品選択 編]の続きを読む
今年も宜しくお願いします。
今年は「情動の自己管理と共感」を身に着けるよう努めます。

さて、
いのしし年は米国大統領選の前年に重なることもあり、
米国株あがる→日本株上がる
という連鎖によって、過去のいのしし年は日本株は
勝率10割だったようです。
[あけましてオメデトウございます。今年の抱負やら。 / 海外投資 投資戦略 編]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。