「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

はじめに
☆株:  インデックス派長期投資(世界のETF/米国MUTUALファンド)
☆FX: 逆相関スワップ派長期投資
☆不動産:海外不動産のキャピタルゲイン派投資
の基本戦略で、バイ&ホールドの楽チン世界分散投資を追求します!
さらに、2007年12月から日経225オプション取引にトライしています!

<最近のオススメ記事>
■外国株: 超簡単!世界分散投資 人気!
■FX: スワップ派のFX投資戦略~リスク・リターン設計 人気!
■海外不動産: 簡単にマカオ不動産視察レポート
■先物・オプション: オプションの成績 New!




としのFX口座はセン短です。決済無しで現金化/高い信頼性がスワップ派にGood

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ大負けしていないので楽しいオプションですが、
大負けして撤退しないために、売り戦略のエグジット戦略を考えておかないと
いけないと感じてます。

売り戦略はOTMのポジションを売ったあと、

ケースA:成功ケース
 予定通りOTMのまま且つ証拠金が足りなくなるような変動がなければ
 権利消滅して(もしくは決済買いして)売りプレミアムが利益となる

ケースB:失敗ケース
 予定外の現資産価格の変動が発生して大変なことになる

の2パターンだと思いますが、Aなら問題ないのですが、
Bの場合どうするかが肝心かと。

Bの場合、
OTMだったポジションがATMに近づき、ITMになると
ほとんど売り注文が入らなくなるため、決済買いが成立しにくくなり、
あったとしても理論価格から離れた不利な価格になってしまうようです。
どうすればよいかというと、プレミアムが増大した場合、
OTMで決済買いができるうちに損切りせよということかと。
【つまり、損切り基準が必要】

また、売りの場合たとえOTMを維持していても、ATMに近づくことで
必要証拠金が増大するので、証拠金一杯までのポジションを取ることは
すぐ追証になり要注意です。
【つまり、プレミアムの増大(NOVの低下)を想定して証拠金を積んでおくことが必要】


人気ブログランキング


-------------------------------------------------------------
日経225オプションの売り戦略 まだまだヨチヨチ歩き
スポンサーサイト
オプションはとても面白いです。

色んな戦略を取ることができる取引なので、戦略が一つに集中しにくく、
例えば、Aさんが損失限定のために、
クレジット・スプレッドで内側売り+外側買いの合成ポジションをとるとき、
同時に外側をポジションを買えるBさんが別にいるわけで、
つまり、Aさん的にはオプションを売るヘッジとしてスプレッドを取り、
Bさん的にもより勝率の高いポジションを売れるというように、その人の
リスク許容度に応じて、ポジションを取ることができます。

このように市場の原理上も合理的な理由でいろんなポジションが流通性高く
売り買いされているのがオプションの便利なところです。

07年12月限と08年1月限の過去2回取引しましたが、
Far OTMのコールの売りでした。
スプレッドといわれる売り買いでリスクヘッジする合成ポジション(クレジット・スプレッド)
にせずに、単なる売り(ネイキッド売り)でした。

今後はもう少し工夫して、
いくつか気になる戦略を実践していきたいと思います。

・売りのリスク管理のためのクレジット・スプレッド
 =内側コール売り+外側コール買い
 or
 =内側プット売り+外側プット買い

 【用途】IV売買

・現物株ヘッジのためのカバード・コール
 =現物株+コール売り

 【用途】TOPIX ETFの損失カバー

・IV高騰時(いままさにそう)のショートストラングル
 =OTMのコール売り+OTMのプット売り

 【用途】IV売買

・カレンダースプレッド
 まだよく分かってません。


人気ブログランキング


--------------------------------------------------------
オプション戦略 まだまだヨチヨチ歩き / としの投資道 オプション編
日経225オプションのボラリティ活用方法です。

プレミアムの理論価格はブラック・ショールズ式から出せます。
プレミアムの実際の値は市場の売買の結果として決定しています。
つまり、売り手と買い手が合意した値段で初めて売買が完了します。

気をつけたいのは、プレミアムは割安に買うべきであり、
割高に売るべきであることです。

それを見るために活用できるのが、インプライド・ボラティリティ(IV)です。

IVは権利行使価格ごと、満期日ごと、またコールとプットそれぞれに計算されています。
ボラリティの対象は原資産である日経225先物という1つの指標でしかありません。
それなのに、色んなIVが計算されていてその数字がそれぞれに違うのはなぜ?

答えは、売買されるプレミアムは必ずしも理論からくる適正価格にはならず、
市場の売買の結果としてそれぞれの権利行使価格ごと、満期日ごとに決まるためです。
なので、そこから算出されるIVも同じ原資産のボラティリティなのに異なるのです。

そして、同じ瞬間のIVを各権利行使価格、満期日で比べたとき、
IVが高いオプションほど割高で、IVが低いほど割安です。

こうやって割安か、割高かを見極めて、
「IVが高いオプションを売る」、または「IVが低いオプションを買う」
のが良いオプション戦略です。


人気ブログランキング


--------------------------------------------------------
日経225オプションのボラティリティ活用方法 / としの投資道 オプション編
オプション売買はボラティリティがキーワードのようです。

そもそもボラティリティ(Volatility)とは?
値のばらつきの大きさをあらわしたもので、標準偏差のことです。
一般にボラティリティとは標準偏差σの1σ分を意味し、正規分布を前提に、
68.26%の確率で1年後の現在値からの変動が1σに
95.44%の確率で1年後の現在値からの変動が2σに
99.73%の確率で1年後の現在値からの変動が3σに収まるとされます。

①プレミアムの理論値
オプションのプレミアムの理論価格(理論的に支払うのが妥当な価格)は
・過去の原資産価格の変動(ヒストリカルボラティリティ=HV
・現在の原資産価格
・権利行使価格
・SQ日までの日数
・金利(日本ではほとんど無視できる)
から確率論を駆使することで計算できる。
通常使われる式がブラック・ショールズ式

そこで逆に考えると、

②ボラティリティの理論値
・現在のプレミアム価格
・現在の原資産価格
・権利行使価格
・SQ日までの日数
・金利(日本ではほとんど無視できる)
から同じブラック・ショールズ式によりボラティリティの理論値が求まります。
これがインプライド・ボラティリティ(IV)

インプライド・ボラティリティが分かると、そのプレミアム価格が割安か割高かが
分かるらしいです。確かにHVとIVを比べて割安度を見ることはできそうですけど、
直接的にプレミアムの理論価格と現在価格を比べたほうが割安か割高かは
すぐ分かるんじゃないんですかね?うーんわからん。

あ。こういうことかな。
①はヒストリカルボラティリティの計算が手間だが、
②ならば5つの数字が与えられればすぐ計算できるという手軽さが良い
ということか?それなら納得

ただし、プレミアムが理論値を意識せず売買されているならHVとIVは
全然違う値になっていそうだが、実際は、IVはHVと近い値にあるようです。
日経225オプション ボラティリティ・チャート
このグラフから分かるようにIVはHVよりも2~5%くらい高い数値に
なることが多いようです。

話が逸れますが、IVの方が高いということは、ボラティリティが実際のそれより
高いかのようなプレミア価格で売買されているということなので、
売買されているプレミア価格は全般に本来の価値より少し高騰しがちってことですね。
つまり、売り戦略が有利ってことか?

ややこしいですね



人気ブログランキング


-------------------------------------------------------------
日経225オプションのボラティリティ / としの投資道 日経225オプション編
日経225オプションを楽しみながら勉強中です。
まずは、「売り」で何回か取引をやりました。

■証拠金額と権利行使価格
必要な証拠金ですが、
コールまたはプットの「買い」ならばプレミアム以上の損失はないので、
プレミアム以外に証拠金はいらないようですが、
「売り」の場合、証拠金がさらに必要です。この証拠金が結局「資金回転率」に
大きく絡むので、どういう算出方法になっているのかが気になっています。

どうやら、
「現在価値と権利行使価格が近いポジションを売るとき、ATMまたはITM」には、
必要な証拠金額が大きく
「現在価値から権利行使価格が価値が無い方に大きく離れたポジション(つまり、Far OTM、
コールなら現在価値<<権利行使価格、プットなら権利行使価格<<現在価値)を売るとき」
には、必要な証拠金額が小さくなるようです。

■タイムディケイ狙いの時の戦略
時間価値はATMが一番大きく離れるほど下がります。
つまり、タイムディケイ狙いなら下落率が一番高いATMの売りが効率がよい。
ただし、ATMの売りはトレンドが思惑をはずしたときにモロに損失を受けるので、
タイムディケイ×勝率という意味で考えると、

①Far OTM売りの期待値=タイムディケイ:小×勝率:高
②ATM売りの期待値=タイムディケイ:大×勝率:0.5
なので、
②の方が有利になるためには、
②(タイムディケイ:大×勝率:0.5)>①(タイムディケイ:小×勝率:高) つまり、
(②のタイムディケイ)>(①のタイムディケイ×①の勝率×2)
である必要があります。
①の勝率はFar OTMに取ればかなり高く0.9以上かと思いますので、
一声、Far OTMのタイムディケイの2倍以上のスピードならATMのタイムディケイ狙いが
よいのかも。

で、実際に見てみると本日時点(日経225が\13,629)で
Far OTM:勝率0.9以上と思われる2月限(2がつぎり)\15,500コールの売りプレミアム\5(時間価値\5)
ATM:\13,500コールの売りプレミアム\450(時間価値\321)
であり、上記の理屈だと圧倒的にATMが有利っぽくみえます。

ただし、必要証拠金額が全然ちがうんですよね。
①で1枚約12万円
②で1枚約63万円
結局、
Far OTMを5枚(証拠金60万)売って、かなり高い確率で2.5万の利益を狙うか?
ATMを1枚(証拠金63万)売って、半分くらいの確率で32.1万の利益を狙うか?
前者は確率はかなり低いが5000倍のレバレッジで損失がありうる。
後者は確率は半分くらいで1000倍のレバレッジで損失がありうる。
後者は資金が小さいとあっというまに吹っ飛びそう

どうなんでしょう。期待利益×リスクでいうと同じくらいなんですかね。まだピンと来てません。


人気ブログランキング


------------------------------------------------------------
日経225オプションの証拠金とタイムディケイ狙い
海外から米ドル建ての小切手を受け取ったときにどうすればよいか?

日本の銀行での換金は銀行によるが、おおむね米ドル小切手一枚あたり
2000~3000円程度で期間は2、3週間は掛かるようです。
小口の小切手の場合、かなりコストがかかってしまいもったいないです。

では、おすすめ方法は、米国口座を持っている場合、
米国の銀行口座にDeposit Ticketとともに小切手を郵送して
自分の口座に入金してしまう方法です。
米国にドルをプールしておいてもよい場合はこれがよいと思います。

この方法だと、
米国への郵送料だけなので、
定形・航空便で110円程度のコストで済みます。(^ ^)
東京からロスまで7日間程度で到着。

EMS(国際スピード郵便)なら1200円で東京→ロス間で3日後に到着とのこと。
【後日談
 1/11に郵便局からEMSでLAに送付してTXの州外銀行でしたが1/14付けで入金を確認】

【注意事項】 小切手の有効期限は6ヶ月!

米ドル小切手のUBOCへの入金方法:
自分宛の小切手に、小切手帳の最後についているDeposit Ticket
(Deposit Slip、入金伝票などともいう)を添えてUBOCに送付すれば
Checking Accountに入金される。
◆Deposit Ticketには日付(月日と年)と入金額(小切手の額面通り、口座番号記載の横の枠に記入)を記入する。
◆自分宛の小切手の裏に"For Deposit only"と「入金する口座番号」、「自分のサイン」を記入。
 「For Deposit Only Account#」を記入することで紛失の際に指定口座への入金の
 他の用途に使われなくなる。
◆紛失時用に小切手、Deposit Ticketの両面をコピーしておくとベター
◆小切手発行銀行がOut of stateの場合、到着から入金まで1週間ほどとのこと

  送付先:
   Union Bank of California
   P.O. BOX 54403, Los Angeles, CA 90054(-0403 or -9971をつけてもよい)

参考:エアメールの宛先の書き方(はがき、封筒ともに同じ)
①左上に自分の住所を小さめに書く
 例) Taro Yamada
    1-2-3, Setagaya-ku, Tokyo, 123-4567
    JAPAN
②真ん中に相手の住所を大きめに書く
 例) Union Bank of California
    P.O. BOX 54403, Los Angeles, CA 90054
    USA
③自分の住所の下くらいに"VIA AIR MAIL"と書く(赤でも黒でも)


人気ブログランキング


------------------------------------------------------------------
米ドル小切手の入金方法 / 海外投資 小切手換金編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。