「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

はじめに
☆株:  インデックス派長期投資(世界のETF/米国MUTUALファンド)
☆FX: 逆相関スワップ派長期投資
☆不動産:海外不動産のキャピタルゲイン派投資
の基本戦略で、バイ&ホールドの楽チン世界分散投資を追求します!
さらに、2007年12月から日経225オプション取引にトライしています!

<最近のオススメ記事>
■外国株: 超簡単!世界分散投資 人気!
■FX: スワップ派のFX投資戦略~リスク・リターン設計 人気!
■海外不動産: 簡単にマカオ不動産視察レポート
■先物・オプション: オプションの成績 New!




としのFX口座はセン短です。決済無しで現金化/高い信頼性がスワップ派にGood

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再整理します。

◆利確ルール: 売りポジションのプレミアムが7割以上削げたら決済買い
◆損切りルール:
 A.SQまでの残存日数10日以上なら、売りポジションのプレミアムが2倍になったら
   決済買いして、外側を再度売り建てる。
 B.SQまでの残存日数10日以下では、2σを切ってなおかつプレミアムが
   2倍になった場合は即損切りする

          プレミアム  レンジ    判断
A.残存10日以上  2倍    Any     損切り実行&外側を再度売り建て
  残存10日以下  2倍    2σより外  ホールド
B.残存10日以下  2倍    2σより内  損切り実行

<目標>
目標: 毎月3%で年間36%、各時点のポジション合計でとるリスクは5%以下に抑える

◆権利行使価格
コール: ATMから\500×√(SQ日までの残存日数)だけ外側のポジション
プット: ATMから\800×√(SQ日までの残存日数)だけ外側のポジション

日経平均データ:
■最大上昇幅
  \500@1day
 \1500@1month(ITバブル以降)
 \4000@1month(91年1月~08年1月)
■最大下落幅
  \800@1day
 \3000@1month(ITバブル以降)
 \4000@1month(91年1月~08年1月)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。