「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マカオが今投資家に熱い注目を浴びています。

マカオは香港島からフェリーですぐの
観光とカジノが主な産業の小さな特別行政区です。

その小さなマカオですが、なんと最近、
カジノの年間売り上げがラスベガスのそれを超えました。
これはマカオの経済状況の伸びをよく表しています。

そして、不動産の活況も特筆すべき事柄です。
1年間にコンスタントに20%以上の伸びを示しているとのこと。
レバレッジを利かせることでかなりのリターンを期待できる投資となり、
マカオは投資エリアとしても魅力的です。


私も共同出資という形でマカオ不動産投資を行っています。
昨年12月に物件を押さえて、共同購入を行い、半年弱経った現時点で、
すでに予定よりも早く見込みの値上がり益20%以上
(レバレッジによりROIはこの2倍以上)を達成できる見込みが経ってきた
ため、
予定より早い半年程度での売却に踏み込む予定です。

マカオ不動産は一人で投資するにはやや額が大きいですが、共同投資ならば、
小口参加により資産リスクも抑えられ、
契約への手間も最低限で済むため、
海外不動産初心者には大変魅力的な投資案件
といえます。

私自身もこの活況が続くであろう数年間は、
利益を再投資に回して、資産を育てることを考えています。



人気ブログランキング


------------------------------------------------------------
マカオ不動産市場の活況について /海外投資 マカオ不動産投資 編
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foreigninvestment.blog85.fc2.com/tb.php/50-b0d7bdde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。