「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長期投資派の私ですが、
最近レバレッジを掛けた投資を有効利用することに
意識が向いてきています。

レバレッジに意識が向いてる理由は簡単で、
1千万を投資に回して5%で回してもリターン50万円ですが、
同じ1千万を10倍レバレッジかけて1億円として同じ
パフォーマンスが出せれば、リターン500万円です。
それだけの理由。
いいかえると、レバレッジが重要というわけでもなく、
「元手がたっぷりある状態になること」が重要なのです。

ただし、銀行も「投資に回したいのでお金貸してくれ」って
いってもなかなか不動産以外の投資目的ではお金は貸してくれないので
どうやってレバレッジを効かせて投資するかという大命題に
投資家たちは頭を悩ませます。

もちろんリスクもレバレッジ掛けた比率だけ増えるので、
リスク設計の配慮は必要で、そう簡単にはいきませんが、
そろそろ機は熟してきた気がするので、ぼちぼちそろっと足を踏み入れます。

(FXスワップ派を目指す人が多いですが、スワップ派と
いいながらレバが制御できていなければ、ロスカットへの
道まっしぐらなのでご注意)

で、自分のポートフォリオを構成している為替、不動産、株式
を振り返ってみます。

為替:
 FXなのでレバかかっており、手法も確立できています。
 レバ5~6倍で年利25~30%を目指して設計済み。

不動産:
 アメリカ不動産はローンなのでレバかかってますし、
 マカオプレビルドもローンではないものの擬似レバです。
 (ただし、まだまだ勉強中)

株式:
 レバかかってません。

ということで、私の場合、課題は株式です。
オプションの概念は何やら難しそうなので、
まず先物をかじっていこうと思います。

そこで、最近個人投資家にも広がっているのが、
日経225先物もしくは日経225miniです。
この2つの先物商品の違いは、
日経225先物は1枚が日経平均の1000倍(今なら約1700万円)
日経225miniは1枚が日経平均の100倍(同170万)
という点です。

先物ってなんだかヤクザな投資のような響きがありますが、
FXをやっている人ならやり方は基本同じです。
証拠金を入れてレバレッジを気にしながらポジションを取るだけ。
ある意味FXと同じくらいヤクザな投資ともいえます。

一つ違うのは限月という概念が存在すること。簡単に言えば
3ヶ月以上の期間保有することができないという決まりです。
これも、決済と同時に次の限月のポジションを取ればポジションの
更新(ロールオーバー)が事実上可能のようです。
(あってますか?)

さて、やってみようかという状況ですが、
長期派で先物やっている人っていらっしゃるんですかね。

先物で長期狙いってちょっと道から外れているような気が
しないでもないので、この機にトレンドを見ながら売買する
短中期売買も模索しようかな~と



人気ブログランキング


----------------------------------------------------------
日経225先物と日経225miniの有効活用 / 国内株式編
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foreigninvestment.blog85.fc2.com/tb.php/61-f6ee85f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。