FC2ブログ
「インデックス派株式投資」,「スワップ派FX投資」,「キャピタルゲイン派海外不動産投資」の世界分散型スーパー手抜き投資テクニックを追求します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外から米ドル建ての小切手を受け取ったときにどうすればよいか?

日本の銀行での換金は銀行によるが、おおむね米ドル小切手一枚あたり
2000~3000円程度で期間は2、3週間は掛かるようです。
小口の小切手の場合、かなりコストがかかってしまいもったいないです。

では、おすすめ方法は、米国口座を持っている場合、
米国の銀行口座にDeposit Ticketとともに小切手を郵送して
自分の口座に入金してしまう方法です。
米国にドルをプールしておいてもよい場合はこれがよいと思います。

この方法だと、
米国への郵送料だけなので、
定形・航空便で110円程度のコストで済みます。(^ ^)
東京からロスまで7日間程度で到着。

EMS(国際スピード郵便)なら1200円で東京→ロス間で3日後に到着とのこと。
【後日談
 1/11に郵便局からEMSでLAに送付してTXの州外銀行でしたが1/14付けで入金を確認】

【注意事項】 小切手の有効期限は6ヶ月!

米ドル小切手のUBOCへの入金方法:
自分宛の小切手に、小切手帳の最後についているDeposit Ticket
(Deposit Slip、入金伝票などともいう)を添えてUBOCに送付すれば
Checking Accountに入金される。
◆Deposit Ticketには日付(月日と年)と入金額(小切手の額面通り、口座番号記載の横の枠に記入)を記入する。
◆自分宛の小切手の裏に"For Deposit only"と「入金する口座番号」、「自分のサイン」を記入。
 「For Deposit Only Account#」を記入することで紛失の際に指定口座への入金の
 他の用途に使われなくなる。
◆紛失時用に小切手、Deposit Ticketの両面をコピーしておくとベター
◆小切手発行銀行がOut of stateの場合、到着から入金まで1週間ほどとのこと

  送付先:
   Union Bank of California
   P.O. BOX 54403, Los Angeles, CA 90054(-0403 or -9971をつけてもよい)

参考:エアメールの宛先の書き方(はがき、封筒ともに同じ)
①左上に自分の住所を小さめに書く
 例) Taro Yamada
    1-2-3, Setagaya-ku, Tokyo, 123-4567
    JAPAN
②真ん中に相手の住所を大きめに書く
 例) Union Bank of California
    P.O. BOX 54403, Los Angeles, CA 90054
    USA
③自分の住所の下くらいに"VIA AIR MAIL"と書く(赤でも黒でも)


人気ブログランキング


------------------------------------------------------------------
米ドル小切手の入金方法 / 海外投資 小切手換金編
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/25(土) 07:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foreigninvestment.blog85.fc2.com/tb.php/85-c2cb43d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。